エロ漫画にもストーリーは必要?単行本なら短編派?長編派?

エロ漫画にもストーリーは必要?単行本なら短編派?長編派?  エロ漫画と言うと、基本的には一話完結の短編がほとんどです。

 それにはいくつか理由があります。まず前提として、週刊雑誌などに掲載された同一作家の作品が溜まると、単行本として発売されます。なぜ一話完結が多いというと、やはり読者の多くがストーリーよりもエロを重視するからに尽きます。

 例えばエロ漫画の全てが、少年誌のように何話も続くものとしたらどうでしょうか。同じヒロインや、同じ世界設定でのプレイでは飽きてきてしまいませんか?毎週いろいろな女の子が登場して、いろいろなコスチュームで、いろいろなシチュエーションでセックスをする、という風が、多彩な趣味嗜好もカバーできますし、オナニーのオカズとしてもやはり使いやすいのでしょう。

 すなわち読者にとっては、主にエロシーンさえあれば後はいらないので、一話完結の形態が取られているのでしょうが、エロも大切ですが、ストーリーも重んじるファンにとっては、やはり寂しい部分もあるのです。

 作者によれば20ページに満たない短編の中に全ての魅力を余すことなく注入している人もいます。しかし、そういった人は総じて作風が完成している漫画家です。作風さえ完成していれば読む側は、展開や構成を予想できるので良い意味で"テンドン"が成り立ち読む事ができるからです。

 最近この業界は、使い捨てとも言える動きを甚だ感じます。同人業界やSNSで絵の上手い人を雇って来て、売れなければ切り捨てて別の人を見つけて来るといったものです。新しい人材を発掘しようとする意志や行動力は素晴らしいと思うのですが、そういった経験の浅い人が短編を描くと、驚くほどつまらない物語になってしまいます。その理由がなぜかと言うと、新人達のバックボーンが二次創作だからです。

 二次創作は言うなれば、上記した作風の確立した漫画家さんの短編と同じで、既に下地が出来上がっている状態になります。キャラ紹介をして、立ち位置がわかり、キャラとキャラの関係性が読者と作者に既に伝わっている状態が二次創作のスタートになります。そこから展開される物語しか描いてこなかった人に、そこまでをいきなり描かせた所で上手く表現できないのです。

 「エロ漫画なんだから、エロければつまらなくても構わない。」と言った声も理解できなくはないのですが、完全にエロだけを求めるならば、ばエロイラストだけでも十分とも考えられます。エロ漫画である以上は、面白いエロ漫画を期待せざるを得ません。

 新人さんにはまず、オリジナルで描く漫画の構成を知ってもらうために、一話完結ではなく、連載を与え、キャラを想像して構築して行く術を身に付けてから、短編を描いていくのも良いと思います。

 ちなみに私は連続話が続く単行本も大好きで、作者買いもします。素晴らしいマンガ家になればジャンルや絵柄は二の次になってくると思いますので、エロ漫画の中にも、引き込まれるような物語をいつも期待しています。

無料で試し読み!この記事を見た皆はこんなエロ漫画を読んでいます♥

投稿日:2016年7月15日

読みたい!おすすめエロ漫画の感想!成年コミックに関するコラムなど

二次元エロサイト
リアル動画系サイト
漫画立ち読みサイト
その他