漫画家クリムゾンに学ぶ!女性の描き方への追求

漫画家クリムゾンに学ぶ!女性の描き方への追求  皆さんはクリムゾンさんを御存じでしょうか?元は同人作家で現在はプロデビューを果たし、プロの成年向け漫画家だけではなく、AV作品の原作など、幅広い分野で、今も二次元系アダルト業界の第一線で活躍を続ける作家さんです。

 今回はクリムゾンさんで学ぶエロ漫画の描き方の追求をしていきましょう。まずクリムゾンさんのエロ漫画作品の見所は、フェロモンのある女性を描けることです。フェロモンとは大げさな表現かと思われますが、クリムゾンさんの描く女性達からは独特の色香がにじみ出るように感じます。それほど女性を追求して描かれています。

 さて女性を追求とは一体何かと、首をかしげる方が多いと思われる方がいらっしゃるので、今回はその女性の追求について説明しましょう。女性の追求とは、平たく言えば細かな女性の身体のきめ細やかな部位や仕草などを描く事にあります。

 クリムゾンさんの女性イラストを良く見れば解ると思いますが、クリムゾンさんの描く女性イラストには、漫画とリアルの中間性があります。漫画とリアルの中間性とは何か、とまた疑問を抱く方がいらっしゃると思います。漫画とリアルの中間性とは、二次元キャラなのにリアルな女性の厚みを表現できている事が挙げられます。

 二次元のキャラクターを作成する際、リアルから離れた容姿を追求して描くものですが、クリムゾンさん描く女性は二次元キャラのイラストのバランスではなく、デッサンなどで表現されるリアルなイラストを追求した女性の身体のバランスで成立しており、二次元キャラなのにリアル女性の色香が表現できているというハイレベルかつ独特のセンスが人気の秘訣にもなっています。

 二次元キャラなのにリアルな厚みがある。つまり二次元キャラに立体感を追求しているからこそ、クリムゾンさんの女性キャラクターには独特の色香が表現されているのだと言う事です。

 二次元キャラクターのエッチなイラストを描く際に、うっかりと失敗してしまう人に多いのは平面になり過ぎてしまう事です。平面感とは何か?解りやすく言えば厚みがない事です。例えば女性の胸──乳房を描く際に、丸みを帯びて書く事が基本となっていますが、乳房も良く見れば様々な形があり、また膨らみなどにも巨乳や美乳にも見える独特のラインが備わっています。

 では、それをどうやって表現し、演出するのか?まずはひたすらに描く事です。女性の胸こと乳房をどうやって書いていけばいいのかと悩みますが、基本はデッサンを学ぶ事です。デッサンを学ぶには学校に行かなければと、そんな事を考える必要はありません。デッサンは自身で行えるものです。

 漫画を描く上で、デッサンは必ずしなければいけない基本的な技能と覚えておきましょう。

 自分の好きな漫画家さんのイラストを模写して、イラストが書くのが上手くなっても漫画を描ける人は極僅かです。デッサンに自信がない方は、そのことを持ち前の才能と括ってしまい、自分に才能がないと諦めてしまいがちになってしまいますが、努力無くしては基本と基礎はできません。プロの漫画家は私達が想像している以上に努力しています。

 多くの漫画家の中には才能で漫画家になった方が多いと思いますが、才能と努力は常に向き合っているものだと覚えておきましょう。絵が描く才能があると、漫画を描く事に手を抜くのではなく、どうやって表現していくのかを考えるのが重要なのです。クリムゾンさんも最初の頃は二次元キャラに近いイラストで同人を販売し、その過程で今の技量へと到達しているのです。

 抜けるエロ漫画にもデッサン力や表現力が求められ、努力があることを忘れにずに挑戦していきましょう。

無料で試し読み!この記事を見た皆はこんなエロ漫画を読んでいます♥

投稿日:2016年9月22日

読みたい!おすすめエロ漫画の感想!成年コミックに関するコラムなど

二次元エロサイト
リアル動画系サイト
漫画立ち読みサイト
その他